TOP > 求める人材像

求める人材像

お客様の求めるものに向きあい、
考えられる人

お客様のニーズを真摯に受け止め、固定観念や常識に囚われることなく、
柔軟に考えられる人。「ドーミーイン」が求める人物像を紹介します。

大切なのは、おもてなしの心 お客様第一で考え、行動できる人 経験や固定観念に囚われない人 何をすればいいか、自ら考えられる人

マニュアルではない。大切なのは、おもてなしの心。

「ホテルでは、人生の出来事で起きないことはひとつもない」といわれます。
お客さまは、日々の生活のなかで味わいたいあらゆる心地よさを、
ホテルに求めているのです。インテリアが落ち着く。歯ブラシが使いやすい。
お風呂が気持ちいい。近くのおいしいお店を教えてもらって食事を愉しんだ。
私たちは、何をすればお客様に喜んでもらえるのか、
どうすればそれぞれの人生の1ページをいい時間にできるのか、
常に考え、追求しなければなりません。

「ドーミーイン」のサービスには、
これをやっていればいいという完全なマニュアルや型はありません。
大切なのは、おもてなしの心。細部への心づくし。
私たちのこだわりや至らなさを、お客様は敏感に感じ取り、
ときに喜んでいただき、あるときは苦言をいただいたりします。
それこそが、ホテルというサービスの醍醐味であり、難しさでもあるのです。

お客様の喜びが第一。従来からのホテル業界の常識に囚われず、
自分たちの成功体験に固執することなく、日々新しいサービスを、
それぞれの現場で独自のサービスを追求してきた足跡が、
今の「ドーミーイン」の姿なのです。

探究心、柔軟性、行動力がある人が輝く仕事

お客様の声に耳を傾け、仕草に目を向け、求めるものに応えようとする姿勢。
現状に安住することなく、常に新しいサービスのありようを考える探究心。
個々のニーズに対してそれぞれの答えを出し、やりきる柔軟性と行動力。
そんな姿勢と力がある人が輝くのが「ドーミーイン」の仕事です。

未経験か経験者か、社員かアルバイトかは関係ありません。
お客様の喜びは、私たちのサービスが満足いくものかどうかに
かかっているのですから。ルールに縛られるのではなく、
やりたいことを形にしたい。自由な発想でサービスを創っていきたい。
そういう人は、この仕事を通じて、きっと成長できるはずです。

ビジネスホテルは、日本が誇る独自の文化なのではないかと思います。
私たちのおもてなしのなかには、長年培ってきた工夫とノウハウがいっぱい詰まっているのです。
今日の「ドーミーイン」を創り、明日の「ドーミーイン」を考え、
世界に向けて、日本のビジネスホテルという文化の価値を、発信していきたいと考えています。

「ドーミーイン」は、成長し続けます。
お客様とともに、スタッフとともに、そこに関わる人々全員の人生とともに。
一緒に考え、汗を流し、喜びを分かち合える新しい仲間と出会えるのを楽しみにしています。

株式会社共立メンテナンス
取締役 ドーミーイン事業本部長
相良 幸宏